レゲエアーティストとラッパーの違い!HIPHOPとの歌唱法の違いを解説

シオサバ

アーティスト時代に2000~5000人規模のイベントに年数回出ていました。シオサバです。

ラッパーが出演する番組やイベントにレゲエアーティストが登場するとその謎めいた生態が気になる。

ヒップホップとレゲエは似ている部分が多いく、それでいて違いはとても解りにくい。

この記事では、レゲエとラッパーの歌唱スタイルの違いとレゲエに対する基本的な疑問について解説する。

[su_box title=”この記事のポイント” style=”bubbles” box_color=”#0e63ae”] [su_list icon_color=”#5287ff”]

  • レゲエは音を裏でとる
  • レゲエは母親をディスらない
  • レゲエは音を止める
  • ボブは戦争を終わらせた

[/su_list][/su_box]

目次

ラッパーとレゲエアーティストの違い

似ている歌い方をするのは、中央のサークル『Deejay・ラッパー・レゲトン』の部分。

ラテン音楽とヒップホップを掛け合わせたのがレゲトン。レゲエの中でも踊れるジャンルがダンスホール。そしてヒップホップのラッパーこの3種類の歌唱のスタイルが似ている。

レゲエの種類は【ダンスホール】

レゲエはスカ・ロックステディ・ルーツ・ダンスホールと大きく4つに分けられる。

その中で、ラップバドルに参加したり、現在メジャーで活躍する人気のレゲエアーティストのほとんどが「ダンスホール」に分類される。

更に、ダンスホールのレゲエアーティストは2種類、シンガーとDeejayに分かれる。

よみかたは「ディージェイ」で、ヒップホップの音楽を流すDJと同じで、非常に紛らわしい。

【Deejay】という歌唱のスタイル

ラッパーは韻を踏んで言葉を置いていくことが主体だが、ディージェイはシンガーと混ざっているスタイルも多く、ラッパーよりメロディの要素が強い。

シンガー(歌モノ)ディージェイ(ラップモノ)を両方を使い分けるレゲエ歌手も多く、彼らを「シングジェイ」と呼ぶ人もいる。

メロディが得意なレゲエアーティストと韻が硬いラッパーがコラボするときは、曲のサビをレゲエアーティストが担当することも多く相性が良い。

上記の図ではヒップホップとラテンの子ジャンルを細かく区分けしていないが、それぞれは歌唱方法だけではなく、ジャンルであり、文化であり、宗教であり、そして概念である覚えておくと良い。

レゲエアーティストの【歌い方の違い】

ラップを聴くことになれてるユーザーは、レゲエアーティストの歌がビートと合っていないと感じる事がある。

レゲエは音を裏でとる音楽でキックドラムが鳴りきってから声を出す。なので言葉数が少ないと感じる。

例えばラッパーが表で音をとると。

サバラップ

俺は絶対負けられない!

レゲエアーティストが裏で音をとると。

サバパイセン

ドン!。。。俺は絶対負け
ドン!。。。られないから勝て

ドン!というはビートのキックドラム。レゲエではビート頭のキックの上に言葉がかぶらないように、裏で音をとってグルーヴを出す。

ダンスホール(レゲエ)ではラッパーのように頭で音をとる事も多いが、レゲエ全体では裏で音をとることが多く、ラップバトルではここに違和感が生まれる。

ダンスホールとヒップホップの【DJの違い】

ヒップホップのDJに比べてレゲエのDJは物凄く喋る。

2人グループなら、1人が曲を流して、もう1人が前にステージの中心に飛び出して来て全力で喋る。

喋りは「この曲ヤバイからてめぇら全員覚悟して聞けよ」という内容が多い。

レゲエの曲を流すDJの事を「セレクター」と呼ぶ。

トーク力をあげる【10の方法】MCスキルのコツで喋りを鍛える!

曲の内容は【母、愛、悪、下ネタ】

母親にまつわる曲を流す時は「母親に感謝しろよ!」と優しい一面も見せる。母親への感謝はレゲエの基本テーマとなっている。

他のテーマは、ラブソング、貧困問題、ギャング、下ネタが多い。

ラッパーやレゲエアーティストにはもともと地元でワルをしていた人間が多いが、特徴としてレゲエの人は『マザー〇〇ッカー』とは言わない。

ダンスホール(レゲエ)は【音を止める】

通常のDJは音をキレイに繋いで途切れさせない。だがダンスホールでは、DJのテンションが上がり過ぎると音を止める。

お客が盛り上がり過ぎたときや、お客が自分の話を聞いていないと感じたときもすぐに音を止める。

音を止めたまま「この曲が聞きたければ、全員声を出せ」と客に強要するが、レゲエファンは強要されると逆に喜ぶ。

レゲエの神様「ボブ・マーリー」とは

まずボブはむちゃくちゃにエロい。7人の奥さんと子供が大勢いる。

息子勢は沢山アーティストデビューしている。既に孫であるスキップマーリーもデビュー済み。

ボブの息子のダミアンとボブの孫のスキップがコラボしている曲。母親は別なので「おじさん一緒に歌おうよ」的曲。

ボブが【神様】と言われる理由

ある日ボブは自分のライブを客で見に来ていた2人の対立する政治家のトップ同士をステージにあげる。そこで2人に和解の握手をさせた事がボブが神様と言われる要因の一つ。平和の象徴

この党首同士は日本のようなヤジの飛ばし合いではなく、内戦(戦争)をしており、この握手は戦争の終わりを意味した。

ボブ・マーリーの発音は【ボブマーリー】

そのままボブ・マーリーで構わない。アナログレコードの世代や玄人はボブマーレーと発音することがある。

レゲエとヒップホップの違い まとめ

[su_box title=”レゲエの特徴” style=”bubbles” box_color=”#0e63ae”] [su_list icon_color=”#5287ff”]

  • レゲエは音を裏でとる
  • レゲエは母親をディスらない
  • レゲエは音を止める
  • ボブは戦争を終わらせた

[/su_list][/su_box]

この記事では解りやすい部分にしぼって、レゲエアーティストとラッパーのスタイルの違いをお届けした。

音楽のジャンルは国の歴史や宗教と深い関わりがあり、調べると面白いつながりが見えてくる。

ラップのコツ【9テクニック】ダサイRAPにならない為の秘訣!カラオケラップの攻略法!

良かったらシェア下さい!
目次
閉じる